バイアグラのジェネリック版であるレビトラは安価で高性能です

世界初のED治療薬であるバイアグラが発売されて、既に10年以上が経過しています。
バイアグラはED治療に革命をもたらした医薬品ですが、新薬であるが故に価格設定は高額と言えるものになっています。
この事から、EDに悩む方の中にはバイアグラの用途特許が切れるのを心待ちにされている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
通常、医薬品には成分特許と用途特許が認められていて、この特許が有効である期間はジェネリックを製造したり販売したりする事が出来ません。
ですが、一度特許が切れれば格安なジェネリックが世に出回る事になるのです。
現在バイアグラの主成分であるシルデナフィルの成分特許は、既に日本でも特許期間が満了となっています。
一方、用途特許に関しては特許期間満了が近いと言われながらも未だにジェネリックの製造がアナウンスされていない事から、現在も有効であると判断する事が出来ます。
こうした状況下で、海外医薬品を専門的に取り扱う個人輸入代行業者が注目されているのをご存知でしょうか。
個人輸入代行業者は、海外製品を個人輸入する手続きを代行してくれる業者です。
特に医薬品を扱う個人輸入代行業者では、日本に認可されていないバイアグラ・ジェネリックを合法的に入手出来る事から注目が集まっているのです。
個人輸入代行業者で入手出来るバイアグラ・ジェネリックの一つに、タダシップというインドのシプラ社が製造する医薬品があります。
タダシップの主成分はバイアグラと同じくシルデナフィルとなっており、そのED改善効果はバイアグラと同様と考えて間違いはありません。
しかし、価格は決定的に違います。
バイアグラは一箱に4錠入ったもので6,000円前後が相場価格となっています。
一方、タダシップは同じ分量で一箱1,700円前後で購入可能です。
また、大手個人輸入代行業者では医薬品のまとめ買いをする事で、価格をディスカウントしてくれます。
このシステムを使ってタダシップを5箱ほど購入すれば、一箱あたり700円を切る価格で入手する事も可能となっています。
この様に、バイアグラ・ジェネリックは新薬と比べて破格とも言える値段で購入出来るのです。
ただ、購入先はよく検討して選んだ方が良いかも知れません。
個人輸入代行業者と一口に言っても、サイト上では医薬品の名前が伏せてあり、問い合わせをしないとどんな医薬品を扱っているかわからない様な業者もあります。
一方で、通常の通販サイトと変わらず、堂々と医薬品の名前と効能を記載している業者もあります。
この様な違いは、サイトの運営をしている業者が本拠地を構えている国が違う事によって生まれるものです。
日本の法律では、正式な医薬品取扱資格を持っていない者が販売目的で医薬品の名前や効能をインターネットサイトで公開する事を禁じています。
ですので日本国内に居を構えるサイトでは、医薬品の名前を記載する事が出来ません。
一方でタイヤシンガポールなどに居を構える個人輸入代行業者は、堂々と医薬品の名前をサイトに記載出来ます。
日本の業者が必ずしも悪質な業者というわけではありませんが、医薬品の名前や効能をしっかりと記載してくれている業者の方が、安心して医薬品を購入出来るのではないでしょうか。
こうした業者で購入する限り、タダシップは確かな医薬品ですので、リーズナブルな価格で安心して利用する事が出来るでしょう。